作成者別アーカイブ: chokaiso

鳥海山百宅口夏山開き開催される(R元年6月16日)

鳥海山百宅口夏山開きの神事が、大清水園地を会場にして開催された。
小雨の降るなか、神事用のテントを準備し、執り行われた。

安全祈願祭後、記念登山会を開催する。
予報では、お昼頃から雨、風がつよくなるとのこと。
6合目で全員下山することにする。

左:仮設テントで神事を執り行う      右:雨具を着用し記念登山会

左:ブナ帯を行く

左:沢横断には、残雪を踏むことが出来る 右:6合目で記念写真、そして下山する

今年も、安全・安心で楽しい登山を楽しもう。

 

鳥海山百宅口コースを行く(R元年6月12日)

会いたい花が有り、本日も百宅口コースを登ってきました。
歩道上の残雪も大分消え、足もとには可憐な花が咲いてます。
8合目上部は、大きな雪渓が残っておりますので、要注意です。
アイゼンは、必需品と思います。

左:大清水園地から鳥海山

左:ブナ帯を行く        右:沢横断の場所には、残雪あり

左:5合目大倉を経ての木製の階段高

左:6合目到着         右:6合目上部の残雪

左:7合目の残雪    右:8合目の溶岩のクマ公が出迎え

右:8合目避難小屋

左:8合目から鳥海山山頂方向、残雪多し  右:振り返り下界

左:地名標柱に挨拶、本日もきましたヨ

安全で楽しく登り下りできる登山に、常日頃気をつけております。

鳥海山百宅口コースを行く(R元年6月6日)

今年度初めての百宅口コース。
わくわくしながらの登山。しかしながら風有り、眺望きかず、貸切の百宅口コース。
足もとに咲く花に癒やされながら、七高山頂に。
8合目までの歩道上には、所々に残雪がある。8合目上部は、大雪渓がみられた。

左:大清水園地駐車場から山頂を望む  右:歩道上には、所々に残雪有り

左:ブナ帯を行く          右:沢横断の場所は、残雪多い

左:5合目大倉ノ滝        右:木製の階段

左:沢横断の雪渓           右:左の場所から山頂を望む

左:歩道上の残雪            右:6合目到着

左:6合目上部方向の歩道          右:7合目屏風岩を望む、残雪多し

左:8合目唐獅子平に到着         右:避難小屋の後から山頂方向を望む

左:外輪山に到着         右:七高山頂の地名標柱にご挨拶

マイカーで鳥海荘から大清水園地までの所要時間は、約70分であった。
百宅から大清水園地まで約13㎞は、砂利道です。
車高の低いマイカーは、ところどころ要注意の場所あり。
残雪多いので、見通しの悪いときは、無理せずに。

鳥海山矢島口コースを行く(R元年5月30日)

予報では、午前中風が強いとのこと。(どの程度の風か)
山頂部の雲の流れが速い。出発時の祓川も時々強風が?
昼頃には、風も弱まるとの予報を信じて、登山開始。

左:祓川駐車場         右:祓川神社前の急坂を登ると歩道を歩ける。

左:歩道所の雪渓が少ない所には穴がある  右:6合目賽の河原から山頂方向

左:7合目御田付近から七ツ釜避難小屋方向  右:七ツ釜避難小屋入口

左:小屋の前の標柱  右:矢島口コースにトイレが設置、使用できるよ、設置に感謝、感謝

左:8合目七ツ釜から山頂方向      右:康新道分岐から山頂方向

左:大雪路から山頂方向       右:9合目氷の薬師の下部から山頂方向

左:大渡下部の歩道        右:歩道を上部から山頂方向

左:舎利坂入口下部から山頂まで雪を踏まずに到着

右:新山を望む

左:稲倉方向を望む          右:地名標柱に挨拶

祓川ヒュッテ到着、振り返り竜ヶ原湿原と鳥海山を写真におさめる。
鳥海山の山頂は青空であった。
雪の消えたところには、春の花が咲いている。

残雪がまだまだ多い矢島口コース。アイゼンは必需品。
登ったコースを下山し、安全・安心な登山を。

第7回地名標柱(鳥海山七高山頂)設置記念登山会開催(令和元年5月19日)

平成24年5月20日(5月第3日曜日)に、地名標柱(鳥海山七高山頂)設置事業を実施以来、
毎年5月第3日曜日を地名標柱「鳥海山七高山頂」設置記念日と定め、広く皆様に呼びかけ記念
登山会を開催しております。本年は、登山会参加者50名の参加をいただき開催することができ
ました。

左:祓川ヒッュテ前          右:祓川ヒュッテ前を通り、竜ヶ原湿原の木道を進む
左:祓川神社前の急坂上部から賽の河原方向   右:7合目上部の急坂を行く

左:七ツ釜避難小屋             右:大雪路中間付近で休憩

左:休憩後9合目氷の薬師をに向かって歩をすすめる 右:9合目上部から山頂方向を望む
  
左:舎利坂入口の標柱が頭を出していた。  右:舎利坂夏ルートの左側の雪渓を行く

左:私は一人行動、舎利坂を登る。雪消えの中から 右:舎利坂中間の標識

左:トップのグループは山頂到着の模様   右:康新道山頂分岐標識

左:外輪到着、新山方向を望む       右:地名標柱に挨拶

左:神社方向望む   右、黙祷、そして早期復興を祈願して記念写真

左:下山

左:七ツ釜避難小屋付近から6合目方向  右:危険な場所あり、登ったところを下山しよう

左:もうすぐ、祓川到着       右:祓川到着、振り返り鳥海山方向を

今年も天候に恵まれた記念登山会。
昨年までは、ゆっくりペースと普通ペースの出発時間を二通りにして開催しておりましたが、
今年は、出発時間一本での開催。私が、計画した時間より皆さん早め早めのペースで順調に
山頂到着でした。事故無く、楽しい記念登山会が開催し終えることができました。
有り難うございます。来年も5月第3日曜日です。宜しくお願いします。