月別アーカイブ: 2012年8月

鳥海山百宅(ももやけ)口~山頂~猿倉口を行く(8月30日)

鳥海山矢島口「お百度参り」登山の募集しております。 募集要項は こちら

 

鳥海山 登山ルートに ご注意下さい。

IMG_6540

 

外輪 行者岳から内壁をとおり

神社に行くコースは通行止めです

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6538

 

入口には、ロープが張られ

看板が

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6539

 

ロープの奥には

木の看板があった

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6549

 

 

下山時はご覧のとおり看板が

矢島口康新道入口で

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6551

 

 

七ツ釜上部の康新道分岐

の入口で

 

 

 

 

 

 

 

◎ 外輪の行者岳から内壁をとおり、神社に行くコース

◎ 矢島口康新道コース

上記 二つのコース は、通行止めとなっております。ご注意下さい。

 

百宅口(ももやけくち)コース 及び 猿倉口コース を縦走しました。

コースを紹介させて いただきます。

IMG_6461

 

百宅口コースは、大清水園地まで

車でいけるが、百宅地内から砂利道

となる。

駐車場にある案内看板

 

 

 

 

 

IMG_6464

 

大清水山荘前を通り過ぎると

清水の湧く小川に架かる木道がある

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6469

 

4合目大清水(おおしず)から

5合目大倉の滝までは ブナ帯

の連続である

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6481

 

 

ブナ帯を行く

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6505

 

5合目大倉の滝から

6合目タッチラ坂までは

小木の林のトンネル状の

歩道をとおる

 

 

 

 

 

IMG_6511

 

8合目唐獅子平では

唐獅子が出迎えてくれる

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6516

 

 

8合目上部の沢横断では

水場があった

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6535

 

外輪山の百宅口標柱

に到着

すぐ 行者岳に向かい通行止めの

確認をする

 

 

 

 

 

 

IMG_6545

 

 

地名標柱に挨拶をする

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6555

 

矢島口七ツ釜避難小屋から

分岐し猿倉口に向かう

七ツ釜の下流部を横断する

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6561

 

 

猿倉口コースは、ダケカンバの並木道

随所に見られる

 

 

 

 

 

 

IMG_6565

 

 

ダケカンバの老木

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6567

 

 

またぎ の皆様が野宿時に

焚き付けに使用したと言われている

ダケカンバの皮

 

 

 

 

 

 

 

百宅口、猿倉口コースとも 歩道は整備されている。

どちらものコースも、それぞれ特徴のあるコースである。

皆さん 利用してみる価値のある登山道ですヨ。

鳥海山 湯ノ台口~河原宿~千畳ガ原~賽ノ河原~象潟口鉾立を行く(8月28日)

お知らせ

  鳥海山「お百度参り」矢島口登山を募集しております。

  期日 9月5日、9月12日、9月19日 毎週水曜日の3回を予定しております。

  募集要項は → こちら 

 

 

本日は、鼻の写真を目的に行動をとる。

山の大先輩から、湯ノ台口コース滝ノ小屋入り口駐車場まで送っていただき、

 帰りは象潟口コース鉾立に迎えに来ていただいた。

山の大先輩に甘えた、山行であった。迷惑とは思ったが、自分としては良い山行ができた。

感謝しております。

 

IMG_6237

 

登山口入口の案内板

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6243

 

 

20分ほどて滝ノ小屋

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6248

 

チョット登ったところで

振り返り 滝ノ小屋を

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6285

 

 

河原宿の山小屋

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6327

 

 

月山森入口の看板

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6328

 

 

月山森を後目にして

幸治郎沢へ向かう

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6350

 

 

幸治郎沢を振り向いて

大きな石がゴロゴロ

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6430

 

千畳ガ原を通り過ぎ

鳥海湖に到着

ご覧のとおり水量である

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6446

 

 

鳥海湖と山頂を入れて

山頂まで眺望が

 

 

 

 

 

 

IMG_6460

 

象潟口コース 鉾立に無事到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の目的は、花の写真を撮ることである。 出来映えは 如何に?

IMG_6266IMG_6268IMG_6270

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6273IMG_6276IMG_6279

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6284IMG_6286IMG_6293

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6299IMG_6310IMG_6333

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6349IMG_6351IMG_6362

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6378IMG_6383IMG_6416

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6426IMG_6432IMG_6457

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自慢の出来る写真ではありませんが、多くの種類の花を撮影することができました。

花の一生を撮影したい 願望をもって まだまだ撮り続ける チョウゲ(鳥海山)の山男 より

鳥海山矢島口を行く(8月25日)

本日は、天候に恵まれ(曇り空であった)?

七高山頂の地名標柱にあいさつをし、新山まで歩を進めてきた。

新山下山中、行者岳から内壁に添って神社に直進する歩道の上部で落石があった。

ものすごい 音 とともに 岩の固まりが 落ちるのを 目撃する。

登山者の安否が 気になった。 被害者は いない模様 一安心する。

このコースは、本日から通行止めとなる。

 

 

IMG_6216

 

落石現場

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6218

 

崩れ落ちた 岩場

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6219

 

 

歩道部分が埋まる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後も落石の可能性有りと 思う。

皆さん 危険ですから このルートは通らないようにしましょう。

鳥海山矢島口コースを行く(8月19日)

お盆前 12日に チョウゲ(鳥海山)参りを行ってから、中大分空いてのチョウゲ参り。

登山道の残雪状況が 大変気になっていたので、コース上の残雪状況について記してみました。

 

IMG_6102

 

祓川駐車場で御来光を拝み

幸先良い出発である

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6105

 

竜ヶ原湿原からの鳥海山の

眺望も 良し

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6108

 

6合目賽の河原の雪渓

まだまだ、消えないようだ

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6113

 

6合目賽の河原の雪渓の上部

非常に危険な状況である

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6154

 

下山時には、ご覧のとおり

危険箇所が落雪していた

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6114

 

 

7合目御田の雪渓は

歩道に影響なく消えている

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6115

 

8合目七ツ釜下部の雪渓

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6124

 

 

大雪路上部の沢横断の雪渓

雪渓上部は ごらんのとおり

要注意場所

 

 

 

 

 

IMG_6140

 

 

外輪から神社・日本海方向を

雲海が見事であった

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年より 残雪が多いように感じられる。

歩を進めるうえでは、影響ないと思うが、早朝の残雪は 凍っているので要注意です。

雪渓上部の危険な場所は、「6合目賽の河原の雪渓上部」。「大雪路上部の雪渓上部」の二箇所

赤いテープを 目印にしながら 歩を進めて下さい。

鳥海山矢島口コースを行く(8月12日)

お盆前の鳥海山矢島口登山、登山日和?の天候である。

お盆前には、歩道上の雪渓が消えるものと確信していたが、的中しなかった。

6合目賽の河原の雪渓、7合目御田の雪渓(歩道上の雪は、2~3日中に消えそう)、七ツ釜避難小屋上部の雪渓、9合目氷の薬師下部の沢横断の雪渓が多く残っている。早朝は、残雪が凍っているので アイゼンがあれば安心である。

 

状況を写真で紹介します

IMG_6078

 

祓川神社すぐの雪渓

歩道上の雪が間もなくである

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6080

 

 

雪消えとともに

水芭蕉が咲いていた

 

 

 

 

 

 

IMG_6082

 

6合目賽の河原の雪渓

上部から撮影 危険な箇所有り

注意して渡ろう

 

 

 

 

 

 

IMG_6083

 

7合目御田の雪渓

雪渓の端を通れば安心

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6088

 

9合目氷の薬師下部の沢横断は

ご覧のとおり雪渓

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6089

 

 

地名標柱にあいさつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、鳥海山大物忌神社を参拝し 下山する。

下山途中、親子登山の家族と一緒になることができた。

一人で下山は、寂しいので 8合目上部から一緒にさせていただき 下山した。

大変有り難うございました。来年は、一緒に登りたいものです。

鳥海山矢島口コースを行く(8月8日)

今回は、矢島口コースの歩道状況を 記してみました。

 

IMG_6031

 

 竜ヶ原湿原から山頂を望む

山頂部分は見えず

 

 

 

 

 

 

 

 

祓川神社を経て すぐの急坂には残雪有り、雪に慣れない方は、アイゼンを着用すれば安心

 

IMG_6032

 

6合目賽の河原の雪渓は緩斜面です

ゆっくり歩を進めれば、安全では?

雪渓の前後は 要注意です

特に 上部雪渓から歩道への移動は 要注意です

 

 

 

 

 

IMG_6033

 

7合目御田の 最初の雪渓は、アイゼンを着用すれば

安心・安全です

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6039

 

七ツ釜避難小屋上部に

雪渓有り ゆっくり歩を進めよう

 

 

 

 

 

 

 

 

大雪路の歩道は 雪渓上部となる。所々で雪渓を踏む事になるが、心配するほどでもないと 思う

IMG_6042

 

大雪路上部と氷の薬師 中間の雪渓

心配するほどでは無いが 氷の薬師側の上部雪渓は

下が空洞になっている箇所があるので 要注意

 

 

 

 

 

 

舎利坂下部の沢横断に 若干の雪渓がある。心配するほどでもないので、ゆっくり進もう。

IMG_6056

 

七高山頂到着

新山と 新山残雪を眺望する

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は 新山まで行ってきた。

外輪から内壁に下る場所で 数名の団体さんと合う。団体さんは、新山に行くコースがわからないとのこと。

道案内しながら 一緒に登ることにした。お客様は、愛知県から来たとのこと。

新山参りを終え 帰りは康新道経由で無事下山する。