月別アーカイブ: 2013年2月

法体の滝参り(2月17日)

由利高原鉄道 主催の「鳥海山麓厳冬の永瀑・伝統芸能と日本酒でぬぐだまるツアー」のお客様と一緒に、滝参りをしてきた。

曇り空、時々青空がところどころにみえる 天候であった。 

DSCF0203

 

子吉川の雪景を左にして

 

 

 

 

DSCF0204

 

法体園地にある案内看板

頭だけの文字で歓迎していた

 

 

 

DSCF0206

 

 

ツアーの皆様 ようこそ法体園地に

深雪のためラッセル状態

 

 

DSCF0217

 

 

ご覧のとおり「ほでこぎ」状態

 

 

 

DSCF0218

 

 

雪景色(氷)の法体の滝が

皆さんを迎えてくれた

 

 

DSCF0225

 

 

積雪は3㍍くらいの法体園地

 

 

 

 久々の法体の滝参り まだまだ続く滝参り みてネ

スノーシューでトレッキング・法体の滝参り(H25.02.01)

本年 初めてのブログ投稿

鳥海山への登山は、5月上旬頃から予定しております。

しばらくは

鳥海荘オリジナル 「スノーシュー」でトレッキング 【ほでこぎ】プラン

法体の滝参り について ブログ投稿してまいります。 是非 「冬の法体の滝」 に注目下さい。

【ほでこぎ】プランの詳細は、鳥海荘のホームページを ご覧下さい。

 

H25.02.01 天気 晴れ との予報 早速 滝参りに行く

本日は、Bコース(ほてこぎプランを参照)を行く

DSCF0101 

車道終点から歩くこと5分位か

AコースとBコースの分岐点から

すぐの雪景色

 

 

DSCF0108

 

このコースは 雪を抱く様々な

雪景色を楽しむことができる

 

 

 

DSCF0120

 

 

 

 

 

 

DSCF0125

 

歩くこと70分位か

法体の滝展望台に到着

展望台からの全景

 

 

DSCF0130

 

 

一の滝、二の滝 の全景

 

 

 

 

 

DSCF0135

 

法体の滝

一の滝 二の滝 三の滝 全景

 

 

 

DSCF0143

 

 

帰る途中 雪面に

感動しながら写真に

 

 

由利本荘市立川内小学校の 校報「かけはし」第71号H25.01.15発行 の記事(抜粋)を 紹介させていただきます。

 何故 お正月に「おめでとう」というのでしょうか? ・・・・・・・・・・・・・

1年の始まりである正月は 春の始まり とかんがえられていました。

人々は春の訪れがもたらす生命の誕生を心から喜びました。

「めでたい(芽出度い)」という言葉は「新しい春を迎え芽が出る」という意味があります。

 

このことは わかっているようで 毎年 無関心で新年を迎えている

自分にとっては 心を新たにさせられる 文面だったので ご紹介させていただきました。

 

ある人曰く  「2月は光の春を迎える月」 とのこと

皆様 鳥海の光の春を迎えに 法体の滝参りを 一緒に行きませんか。