月別アーカイブ: 2013年6月

鳥海山百宅口夏山開き神事・記念登山会開催される(6月16日)

鳥海山百宅口の山開きは、例年6月第3日曜日に開催されております。

今年は、6月16日(日)開催されました。4合目大清水園地で神事を執り行い

鳥海山岳会による記念登山会が開催されました。 

IMG_7828

 

百宅口4合目大清水園地で神事が

執り行われる。

 

 

IMG_7834

 

地元消防団長による

安全祈願

 

 

IMG_7838

 

記念登山会開始

大清水小川の橋を渡りブナ帯に進む

 

IMG_7841

 

ブナ帯には まだ残雪が

例年であると足元に花が咲いているのだが

今年はマダ早かった

 IMG_7845

 

 

私の好きな百宅口のブナ帯

 

 

IMG_7851

 

8合目唐獅子平に到着

獅子公が出迎えてくれた

 

 

IMG_7855

 

唐獅子の避難小屋の後ろには

桜が綺麗に咲いている

後方は残雪多い鳥海山

 

IMG_7858

 

避難小屋脇には 水場があります

 

 

 

IMG_7863

 

 

9合目上部から

雲海を

 

IMG_7869

 

私が最も遅く外輪にとりつく

登頂者の有志の皆様から

地名標柱に挨拶をしていただきました

 

鳥海山百宅口 残雪多い今年

私は、山開き時の記念登山会 久々に山頂に行くことができました。

鳥海山矢島口を行く(6月11日)

鳥海山矢島口を行く

残雪が多い登山口。本日多くのスキーヤーも登っていた。

まだまだ、残雪多い鳥海山矢島口である。 

DSCF0392

 

祓川 竜ヶ原湿原から山頂を望む

鳥海山矢島口の雪景色である。

6合目上部からは舎利坂上部まで

雪渓が続いている。

 

DSCF0393

 

祓川神社前の雪渓

 

 

 

 

DSCF0403

 

6合目7合目8合目

と雪渓が続く

 

 

 

DSCF0428

 

本日は、康新道を行く

外輪に出て

稲倉岳を望む

 

 

DSCF0485

 

七高山頂に到着

地名標柱に挨拶し

新山に向かう

 

 

DSCF0493

 

前方には月山がそびえている

 

 

 

 

DSCF0498

 

新山山頂部の状況

 

 

 

 

DSCF0508

 

下山時 大雪路から

山頂を望む

 

 

 

雪消えの歩道、康新道には 可憐な花が歩を和ませてくれた

DSCF0529DSCF0524DSCF0522

 

 

 

 

DSCF0515DSCF0412DSCF0420

 

 

 

 

DSCF0424DSCF0433DSCF0445

 

 

 

 

DSCF0453DSCF0460DSCF0505

 

 

 

 

写真撮影が下手なため ご免なさい。

ミヤマキンバイ花盛り、イワウメつぼみの段階であった。

スキーは矢島口ノーマルルート 花は康新道 

皆様 是非 矢島口登山道に いらして下さい。

お帰りは、鳥海荘の温泉入浴で 疲れを癒して下さい。

甑山山開きに参加(6月8日)

山形県真室川町で開催された「甑山山開き」神事及び記念登山会に参加してきました。

曇り空から一瞬雨にみまわれたが、すぐ雨が上がり登山日和となった。

私は 昨年と今年の2回目の参加である。 

DSCF0357

 

小雨模様の中 行われた神事

 

 

 

 

DSCF0359

 

神事終了後

民話の会による

甑山と大蛇の話を聞かせていただいた

 

DSCF0354

 

記念登山会出発

神事場所から 少し進むと この標識あり

 

 

DSCF0351

 

 

この標識を右に見て

 

 

 

DSCF0350

 

ブナ帯にある

悠森舎(避難小屋)

通ると

 

 

DSCF0349

 

右側に進むと甑峠(鳥海町へ)

登山コースは左に進む

 

 

 

DSCF0363

 

 

ぶなの木に

コブが 素晴らしい

 

 

DSCF0366

 

 

女甑山の大カツラで休憩

 

 

 

DSCF0386

 

男女コルで休憩をとる

男甑を目指して歩を進める途中

女甑と名勝沼が見え隠れ

 

 

DSCF0390

 

男甑山頂に到着

思い思いに昼食をとる

 

 

 

今回の記念登山会に、鳥海町側から甑峠を越え 参加する。

私を含めて4名である。

わがままな行動ではあったが、ここで私たちは 別行動をとり下山した。

雄物川町の皆様 神事・記念登山会に参加させていただき 大変有り難うございました。

来年も 参加させてください。楽しみにしております。

丁(ひのと)岳山開き開催される(6月1日)

本日は、丁岳(1145.6㍍)の山開きが開催されました。

登山日和のなか記念登山会が無事終了しました。

参加者全員登頂、おめでとうございます。

昨年より、大部残雪が多く感じられました。 

DSCF0269

 

大平野営場で神事が行われました。

 

 

 

 

登山道入り口まで車で移動し

記念登山開始である。

ブナ帯の急坂を登ること?分

休憩に入る。

DSCF0277

 

足元には可憐な花が

 

 

 

 

DSCF0284

 

 

 

 

 

 

DSCF0290

 

 

 

 

 

 

DSCF0307

 

振り返ると

残雪のなかに新緑のブナ帯が

 

 

 

DSCF0309

 

鳥海山の眺望が

また いい

 

 

 

DSCF0312

 

 

丁岳山頂には

 

 

 

DSCF0315

 

山頂では、思い思いに休憩

昼食をとる。

丁岳周辺の講話もあり

有意義な山頂での休憩であった。

 

DSCF0318

 

 

 

 

 

 

DSCF0326

 

帰りはお花ばたけ経由で下山

鳥海山の眺望よし

 

 

 

 気持ちよく下山できた。