月別アーカイブ: 2013年8月

鳥海山矢島口コース康新道を行く(8月27日)

本日は、最高の登山日和(大げさに言えば、今年度の登山で最高晴れた天候)である。

康新道を登ってみた。 

DSCF1090

 

 

康新道から山頂を望む

 

 

 

DSCF1092

 

 

 

 

 

 

本日の花(実)の写真を紹介します。

DSCF1100DSCF1102

DSCF1094 

 

 

 

DSCF1107DSCF1108DSCF1111

 

 

 

 

DSCF1114DSCF1115DSCF1116

 

 

 

 

矢島口コースで雪渓を踏む箇所は

①6合目賽の河原上部 ②7合目御田上部 ③七ツ釜避難小屋と8合目七ツ釜の中間

④大雪路と9合目氷の薬師の中間にある沢横断

となっております。残雪では、入口と出口を注意しながら歩を進めて下さい。

鳥海山矢島口コースから象潟口コースへ(8月26日)

今回は、矢島口コースを登り、山頂から象潟口コースを下ることにする。

最近の天候は、晴れ、曇り、雨、そして霧が発生し眺望きかずと

様々な天候と巡り合いながらの登山ができる。

今回の登山は、まずまずの登山日和であった。 

DSCF0882

 

6合目賽の河原の残雪

急勾配ではないが、早朝は

アイスバーンであった

 

 

DSCF0884

 

 

残雪の渡りはじめと

終わりの箇所は危険箇所

多いので要注意

 

DSCF0885

 

8合目御田の雪渓

この雪渓が矢島口コース

では一番の急坂である

 

 

DSCF0905

 

山頂の鳥海山大物忌神社

で休憩をとる

 

 

 

DSCF0908

 

千蛇谷コースを下る

 

 

 

 

DSCF0912

 

千蛇谷の下部の雪渓

雪渓を渡り七五三掛へ

 

 

 

DSCF0914

 

急坂にはハシゴが設置されている

雨天時は 滑るので気をつけよう

 

 

 

DSCF1088

 

 

御浜にある鳥海湖

眺望バツグン

 

 

DSCF0916

 

 

6合目賽の河原から

5合目鉾立へ向かう

途中に山頂を望む

 

予定より若干遅れての鉾立着、天候に恵まれた登山であった。

鳥海山猿倉口コースを行く(8月25日)

久々に、猿倉口コースを登ることにした。

猿倉口コースは、8合目七ツ釜で矢島口コースと合流する。

猿倉口コースの特徴は、ブナ林とダケカンバ林を味わうことができるコースである。

以前は、所々で眺望がきいたが、木々の生長によって眺望がきかなくなっている。  

DSCF0835

 

ダケカンバ林

 

 

 

 

DSCF0839

 

 

 

 

 

 

DSCF0841

 

7合目鶯谷が近くなると

視界が開ける

 

 

 

DSCF0846

 

七ツ釜渓谷の沢横断付近の

雪渓

もうすぐ、矢島口コースと合流する

 

 

DSCF0855

 

大雪路上部の沢横断の雪渓

を行く

 

 

 

DSCF0871

 

 

七高山頂登頂

地名標柱前で、思い思いに

記念撮影をしている

 

 

久々の猿倉口コースをダブル登山、秋頃にもう一度と思って帰る。

鳥海山矢島口コースから象潟口コースを縦走(8月17日)

今回は、矢島口コースを登り、象潟口に下山する。

今年初めての縦走である。 

DSCF0746

 

矢島口5合目祓川駐車場を

出発する。

鳥海山頂が望める天候であった

 

 

DSCF0747

 

祓川神社前の小川を渡り

最初の急坂を目差す

 

 

 

DSCF0749

 

6合目賽の河原

最初の雪渓である

まだまだ雪渓を踏める

 

 

DSCF0751

 

 

最初と最後の雪渓は、

ご覧のとおり

十分に気を付けて下さい

 

DSCF0753

 

8合目下部

康ケルンを過ぎると

雪渓を踏む

 

 

DSCF0755

 

康新道分岐から

大雪路方向を望む

 

 

 

 

順調に七高山頂に着く。山頂部は風が強く、視界が悪い。

風の合間をみて、外輪から鳥海山大物忌神社を目差す。下山は千蛇谷コースを利用する。

DSCF0768

 

視界がご覧のとおり

 

 

 

 

DSCF0770

 

千蛇谷から七五三掛に向かう

雪渓が あるので 要注意箇所

 

 

 

DSCF0777

 

扇子森から一瞬ではあったが

鳥海湖を望むことができた

 

 

 

DSCF0779

 

鳥海湖・御浜を後にし

下山の途に

 

 

 

 今年初めての縦走、山頂部では風とガスに遭遇したが、まずまずの登山日和であった。

歩道の両脇には、花のオンパレードであった。

鳥海山矢島口を行く(8月12日)

遅くなりましたが、8月12日の矢島口コースの状況を投稿します。 

DSCF0800

 

7号目御田上部の雪渓

手前と奥の二箇所に残雪有り

アイゼンがあると便利だった

 

 

DSCF0808

 

康新道分岐から

鳥海山頂を望む

 

 

 

DSCF0810

 

大雪路から山頂を望む

 

 

 

 

コース上の写真が少なく、ご免なさい。

お花の写真を紹介します。

DSCF0790DSCF0806DSCF0821

 

 

 

 

DSCF0826DSCF0829DSCF0836

 

 

 

 

簡単に投稿させていただきました。