月別アーカイブ: 2014年6月

鳥海山矢島口から象潟口を行く(H26年6月24日)

本日のルートは、矢島口5合目祓川(午前6時出発)、8合目七ツ釜から康新道を経て
七高山頂に、外輪山を経て御浜、象潟口5合目鉾立て(午後5時15分着)に到着する。
花の写真を撮りながら、行程11時間余りを要した縦走であった。

各コースの残雪状況は
◎矢島口コースで歩道上に雪渓の踏まなくてもよい場所は、タッチラ坂上部から6合目
賽の河原下部、七ツ釜避難小屋の尾根から康ケルンまで、舎利坂下部から七高山頂
まで、ほとんど残雪有りと思ってください。

◎象潟口コースで歩道上に雪渓を踏まなくてもよい場所は、、5合目鉾立てから県境上部まで
御浜下部から御田が原まで、千蛇谷コースを含め写真で説明します。

◎矢島口、象潟口、湯ノ台口コースそれぞれ、急坂の雪渓を踏むことになるのでアイゼンは
必需品です。

矢島口5合目祓川・竜ヶ原湿原                 祓川神社前の雪渓DSCF3774 DSCF3807

七ツ釜避難小屋付近から下方                康ケルンから上部DSCF3815 DSCF3818

七ツ釜上部 康新道分岐から                 康新道を行くDSCF3825 DSCF3832

外輪に到着 稲倉岳方向                     象潟口御浜方向

DSCF3841 DSCF3844

七高山頂から新山を望む                  鳥海山大物忌神社

DSCF3962 DSCF3964

外輪山を移動して神社を                   千蛇谷・御浜方向

DSCF3966 DSCF3970

御浜神社付近から鳥海湖を望む               賽の河原から御浜方向

DSCF4029 DSCF4045

県境上部のから雪渓が続く

DSCF4049

 

残雪が多くアイゼンはこまめに着用
安全で楽しい山登りを

 

鳥海山矢島口を行く(H26年6月21日)

久々の鳥海山登山。本日は、天候に恵まれた山行であった。
矢島口コースは、残雪がまだまだ多い。
鳥海山登山は、アイゼンを常備したほうがよい。

DSCF3492

 

祓川竜ヶ原湿原を行く

 

 

 

DSCF3500

 

竜ヶ原湿原を過ぎると
雪渓を踏むことになる

 

 

DSCF3526

 

 

5合目上部から一部残雪無し
6合目下部から雪渓が続く

 

 

DSCF3531

 

 

七ツ釜避難小屋付近から
祓川方向を望む

避難小屋のある尾根で
残雪が途切れる

DSCF3534

 

 

康ケルンから雪渓に
入る

 

DSCF3540

 

 

 

8合目七つ釜付近から
山頂を望む

 

DSCF3740

 

 

 

大雪路から山頂を望む
雪渓は、舎利坂入り口
下部まで続く

 

 

・・・・・・・・・・・・・・ 耳寄りなお話し ・・・・・・・・・・・・・・

矢島口コースのノーマルルートは、残雪を多く踏むことになり
少しでも残雪を避けて、山頂を目差したい方は、康新道コースをおすすめします。
若干、雪を踏むところがありますが、旬の花が素晴らしい。感動して来ました。

特に「イワウメ」の つぼみ、花 のオンパレードでした。
他の花も、何点か紹介します。

DSCF3610 DSCF3655 DSCF3657  DSCF3661 DSCF3672  DSCF3679 DSCF3688  DSCF3701

 

 

 

甑山(こしきさん)山開き開催(H26年6月7日)

山形県真室川町・真室川町観光物産協会主催の、甑山山開き安全祈願祭
と記念登山会が開催されました。
私たち一行は、鳥海町から登るルートから山越え(甑峠)をして、参加させて
いただきました。

DSCF3134

 

甑峠を越え
整備されている避難小屋
付近で小休止

 

DSCF3144

 

 

 

小休止後、神事会場に歩を
進めていたら、番楽の音が
聞こえてきた
慌てて1枚

 

DSCF3153

 

 

安全祈願祭神事に
参加

 

DSCF3157

 

 

登山道を確認し
ブナ帯を進む
DSCF3164

 

 

 

女甑山の大カツラ前では
釜淵番楽保存会による
番楽奉納祭が開催され
ました

DSCF3183

 

 

 

男甑山山頂に到着
烏帽子岩を記念に

 

DSCF3202

 

 

 

下山は、鳥海側に
名勝沼を探勝し
帰途につく

 

 

DSCF3107  DSCF3102  DSCF3126

DSCF3115  DSCF3142  DSCF3186

DSCF3199

 

 

 

 

 

 

本日は、一緒に登山された方から、多くの花木などの知識を得ました
どの程度、おぼえているかと聞かれたら?????です。

桑ノ木台湿原の状況(H26年6月3日)

今年初めての桑ノ木台湿原
現況を写真で綴ってみました。

白い花と湖沼 そして鳥海山 絶景かな

DSCF3031

 

展望台1
最初に広がる
湿原と鳥海山
DSCF3043

 

 

 

展望所2
木道は時計回りだよ

 

 

DSCF3049

 

 

 

 

 

 

DSCF3058DSCF3036DSCF3039

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つぼみの花、満開の花、自分としてはチョット早いのかな と感じた桑ノ木台湿原でした。

丁岳(ひのとだけ)山開き開催される(H26年6月1日)

丁岳山開きは、毎年6月1日に開催されている。
大平野営場で神事を執り行い、その後、鳥海山岳会による記念登山会が開催された。

DSCF2960

 

大平野営場での神事
DSCF2963

 

 

 

 

 

大平野営場から
登山口まで移動
登山開始を待つ
参加者

 

DSCF2965

 

 

最初から続く急坂
尾根伝いに登るコース
ブナ帯に囲まれた
登山道である

 

DSCF2970

 

 

観音岩を過ぎると
残雪による水場に
DSCF2972

 

 

 

水場を過ぎると
すぐ急坂が待っている
平坦地を利用して
休憩する

 

DSCF2975

 

 

山頂部が近い
毎年残雪を踏んでいる
今年は少なめか

 

DSCF2979

 

 

山頂部到着
思い思いに昼食を

 

 

DSCF2990

 

 

下山は、鳥海山の
望めるコースを経て

 

 

 

本日の花の写真を紹介します。

DSCF2966DSCF2986
DSCF2996
DSCF2991

DSCF3004DSCF3008
DSCF3013DSCF3015