月別アーカイブ: 2015年5月

鳥海山矢島口コースを行く(H27.05.23)

本日は、眺望が非常に良いが、風が強い。
特に山頂付近の風が、時々ビックリするほどであった。

竜ヶ原湿原から山頂を                 祓川神社前の雪渓
IMG_4297 IMG_4301

祓川神社前の雪渓を登ると、残雪のない歩道が6合目手前まで登ることができた。
IMG_4302
IMG_4326

クレバスが所々にあるので、登った箇所を下ろう。     七ツ釜避難小屋下部の雪渓
IMG_4329 IMG_4334

七ツ釜避難小屋                     8合目七ツ釜上部
IMG_4337
IMG_4343

大雪路入口付近から
IMG_4348
IMG_4349

9合目氷の薬師下部の雪渓              舎利坂下部の雪渓
IMG_4351
IMG_4357

舎利坂入口下部から、雪のない歩道を七高山頂まで登ることができる。
IMG_4359
IMG_4362

本日出会った花々
IMG_4298
IMG_4303 IMG_4306 IMG_4310  IMG_4313 IMG_4317 IMG_4319 IMG_4320 IMG_4323

風が強いため、苦労した登山であった。
スキーヤーが結構入山していた。

5合目から6合目の間の雪渓が途切れるので、要注意。
クレバスにも要注意です。

矢島口コース(第3回地名標柱設置記念登山会開催される)を行く(H27.05.17)

本日は、「第3回地名標柱(鳥海山七高山頂)」設置記念登山会を開催しました。
鳥海荘出発時の天候はまずまず、祓川に到着、山頂方向がよく望めない状況。
記念登山会参加者50名。天候不順(風強し、ガス有り)のため、9合目付近で
登頂組と下山組に分かれ、行動することにする。

準備体操を終え、竜ヶ原湿原を行く。鳥海山の山頂部は顔をださず。

IMG_4231IMG_4233

今回はスキー組と徒歩組で記念登山会を。クレバスが日々大きくなっていた。
IMG_4234
IMG_4239

ガスと風で苦戦中  七ツ釜避難小屋から下界をみる。
IMG_4241
IMG_4242

8合目上部で、風をよけて小休止    舎利坂付近の霧氷が足下を和ませてくれた。
IMG_4244
IMG_4250

山頂部まで登山された方、祓川神社の上部に来たら鳥海山が顔をだした。
IMG_4274
IMG_4275

祓川駐車場で、鳥海山登山ガイド協会の眞坂会長から挨拶をいただき、記念登山会を無事終了する。
皆さんから格別の御協力を賜り、無事イベントを終えることができました。有り難うございます。
8月1日(8月第1土曜日)の秋田由利牛奉納登山を計画しております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

鳥海山矢島口コースを行く(H27.05.10)

天候がピリッとしないけれども、予定どおり祓川にむかう。
祓川駐車場は、風あり、ガスあり、寒い。
鳥海山の山頂は望めない。

祓川・竜ヶ原湿原入口            9合目下部の木々
IMG_4177
IMG_4190

足下はアイスバーン、気温低く、風あり、下山者曰わく上部はアイスバーンで軽アイゼンは危険
とのこと。9合目氷の薬師で、下山することに決定。
登っているスキーヤー(すぐ引き返してきた)    危険だよ
IMG_4194
IMG_4196

軽快に滑走、うまいナー                危険なクレバス
IMG_4202
IMG_4206

下山途中に出会った花々
IMG_4208
IMG_4212 IMG_4216 IMG_4220

祓川駐車場から帰る途中
IMG_4222
IMG_4227

今回の登山は、雪渓がアイスバーンの状況と視界と風、そして気温の関係から、9合目で下山する。
祓川駐車場に来たら、小雪が舞ってきた。寒いナー。