月別アーカイブ: 2017年7月

鳥海山矢島口コースを行く(H29年7月29日)

久々に鳥海山山頂を目指す。
天候は、今ひとつという感じ。
雨が少しパラパラ、登りやすい天候でした。
山頂部では、お花見をしながら楽しく歩を進めることが出来ました。
歩道の状況とお花を紹介します。

左:祓川神社前   右:6合目賽の河原

右:7合目御田下部の木道

左:雪の消えぎわから春の花が        右:7合目御田の急坂の雪渓

左:七ツ釜避難小屋下部の雪渓
 
左:康新道分岐から大雪路方向を望む
 
左:大雪路のはじまり

左:大雪路中間               右:大雪路上部付近から9合目方向

右:舎利坂下部の雪渓

左:地名標柱にあいさつ

お花に見とれながら、山頂を目指す。
まだまだ雪渓を踏むことになります。アイゼンが必需品と考えます。
安全で楽しい山登りをしましょう。

鳥海山矢島口コースを行く(H29年7月16日)

本日の天候は、雨模様かなと思われる天気予報でした。
予定どおり矢島口5合目祓川を出発。降雨なし、山頂見えない。

5合目祓川:竜ヶ原湿原を行く

左:祓川神社前の雪渓を登りあげると歩道にでる  右:祓川神社

左:6合目賽の河原から雪渓を踏む  右:賽の河原上部の雪渓

左:7合目御田下部の木道、残雪有り
左:水芭蕉が   右:7合目から七ツ釜避難小屋まで急坂の雪渓を踏むことになる
康ケルンから康新道分岐下部まで雪渓有り 
 
左:康新道分岐から大雪路・9合目下部まで雪渓が続く

左:9合目氷の薬師の標柱。頭が出ていた。

9合目から舎利坂入口までには、雪渓を2箇所ほど踏むことになる。

本日は、山頂部、雨天と強風のため象潟口コースには下山せずに、矢島口を下山する。
例年より残雪が多い。アイゼンは、必需品と考えます。
天候不順の折、安全な登山に心掛けましょう。

鳥海山百宅口コースを行く(H29年7月6日)

本日、百宅口コースを行く。
昨年より残雪が多く、花の状況を楽しみにしながら登る。
コースの状況を紹介します。

4合目大清水園地を出発、ブナ帯を行く。

左:6合目タッチラ坂上部の雪渓  右:7合目屏風岩下部の雪渓

左:屏風岩と雪渓  右:8合目唐獅子平下部の雪渓

8合目のクマ公、鳥海山頂と雲海

左:8合目上部から山頂付近まで雪渓が続く。歩道は所々残雪を踏むことになる。

左:新山  右:七高山

本日出会った花を紹介します。

安全登山に心掛けましょう。

鳥海荘「さなぶり祭」開催(H29年6月30日)

平成20年4月から当荘の指定管理者として、各種イベント事業を開催してきました。
今回の ホット一息 さなぶり祭 は、第8回目を数えます。
今回の参加者は、148名と大盛況の内に終えることが出来ました。
日頃のご愛顧に対する「感謝ディー」として毎回開催させて頂いておりますが、
多くの皆様から参加して頂き、感謝しております。
今後とも宜しくお願いします。

8月5日(毎年8月第一土曜日開催)には、鳥海山の恵みに感謝する(鳥海山頂に秋田由利牛を奉納しよう)鳥海登山を開催します。
要項等については、ホームページを参照下さい。
皆様のご参加をお待ちしております。