月別アーカイブ: 2018年5月

第6回地名標柱設置記念登山会開催(H30年5月20日)

第6回地名標柱(鳥海山七高山頂)設置記念登山会は、多くの皆様のご協力を賜り
事故無く無事終えることができました。有り難うございます。

当日の登山会の状況を写真で紹介します。

左:祓川駐車場・降雪によるアイスバーン状態  右:竜ヶ原湿原を行く

左:6合目賽の河原から山頂   右:7合目御田付近から七ツ釜避難小屋への急坂

左・右:七ツ釜避難小屋

左:大雪路から山頂    右:大雪路上部から9合目氷の薬師・山頂

左:木々の霧氷がきれいなので   右:七高山直下で休憩

左:外輪のエビのシッポ    右:外輪と月山

左:外輪と月山     右:鳥海山大物忌神社

左:地名標柱

左:登頂者全員による黙祷と早期復興を祈願  右:下山開始(七高山山頂直下)

空は快晴、山頂付近は温度が低く風が強いため、寒かったなー。
事故無く無事イベントを終えることができました。
参加者の皆様、関係する皆様にお礼申し上げます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

鳥海山矢島口コースを行く(H30年5月7日)

本日の天候が心配であったが、午後3時頃までには登山日和と自己判断し、
一人で七高山頂を目指した。

写真で紹介します。

左:祓川駐車場  右:祓川ヒュッテと山頂方向

左:祓川ヒュッテ前から山頂方向 右:祓川神社上部から祓川ヒュッテ方向を

左:6合目賽の河原付近から  右:七ツ釜避難小屋下部の亀裂、要注意

左:七ツ釜避難小屋   右:大雪路から9合目氷の薬師・山頂を望む

左:9合目氷の薬師下部から山頂   右:舎利坂を登る。

左:鳥海山七高山頂地名標柱に挨拶  右:新山

左:鳥海山大物忌神社を望む  右:外輪山

厳しい冬に耐え春を迎えた花々を紹介します

春一番の花に今年も会うことができました。
5合目祓川から七高山頂までには、雪を踏みながら登ることができます。
天候が悪化すると冬山と同様です。アイゼンは、必需品です。

万全な装備と無理のない登山計画で、楽しく安全な登山を。

鳥海山猿倉口コースを行く(H30年5月5日)

矢島口コースから登ろうと祓川駐車場に車で向かう。
祓川駐車場に着いたら、雪が降ってきた。また、大粒の雹も降ってきた。
降雪量が心配になり、猿倉口コース入口駐車場まで下る。

左:車道は見通しが悪い箇所もあるので、安全運転を。
右:祓川駐車場。白くなった駐車場。ビックリして猿倉口駐車場に移動する。

猿倉口コースを登る。
左:七ツ釜避難小屋付近には、多くの登山客が見えました。
右:風がダンダン強くなってきた。七高山頂が顔を出すが、風強し。
大雪路中間付近から下山する。

本日の登山は、天は青空、地は地吹雪と言う感じであった。

今年初めての鳥海山登山、多くの登山客とお会いしたか、9合目氷の薬師下部から下山している
ようでした。
安全で楽しい登山を願いながらの初登山でした。