月別アーカイブ: 2018年8月

鳥海山矢島口コースを行く(H30年8月11日)

本日は、山の日。朝方は、天候が思わしくなかったが、約束した方がいたので
祓川駐車場を目指して出発。
祓川駐車場は、すでに満車状態でした。
駐車スペースを見つけ、登山準備する。
矢島口コースの残雪状況を紹介します。
下山は、康新道を下山する。

左:竜ヶ原湿原を行く

左:祓川神社前の雪渓は踏まずに登れる。

右:6合目賽の河原の雪渓は踏むことになる。

左:雪渓の最後は、ご覧のとおり。要注意です。 右:7合目御田の雪渓は踏まずに登れます。

右:康ケルン上部の雪渓、チョット踏むことに。

左:大雪路は、雪渓を踏まずに登れる。
右:9合目氷の薬師下部の沢横断は、右の雪渓の端を登ることができる。雪渓を踏まずに登れる。

右:鳥海山七高山頂にお参りをする。

右:鳥海山大物忌神社と残雪状況

帰りは、康新道を下山する。この頃には、青空となり、眺望もきくようになる。
山の日なのか、七高山頂も登山客で賑わっていた。
自分の体力と相談しながら、登りましょう。特に熱中症には気をつけよう。

第6回鳥海山頂に秋田由利牛を奉納する登山会開催する(H30年8月4日(土))

第6回鳥海山頂に秋田由利牛を奉納する登山会が矢島口コースを使用して開催されました。
事故無く無事終えることができました。
イベント参加者の皆様、有り難うございました。

左:団結式後に準備運動   右:竜ヶ原湿原を出発

左:祓川神社前では春の花が   右:祓川神社前の雪渓を登る

左:6合目賽の河原の雪渓を登る   右:雪渓の初めと終わりは十分気をつけて通行しよう

左:7合目御田の雪渓     右:御田の雪渓を行く

左:康ケルン上部の雪渓     右:康新道分岐、残雪も少なくなってきた。

左:大雪路上部、雪渓を踏まずに通れます。 右:9合目下部の沢横断の雪渓

左:舎利坂入口下部の雪渓、このとおり  右:舎利坂を行く

左:鳥海山大物忌神社へ秋田由利牛と野菜を奉納  右:会長、鳥海山の恵みに感謝する

左:鳥海山七高山頂で東日本大震災・福島第一原発事故及び各地の激甚災害で他界されました
方々のご冥福を祈り黙祷を捧げる
右:続いて、鳥海山七高山頂にも、鳥海山の恵みを感謝してきました。

天候に恵まれたイベントでした。
来年もよろしくお願いします。