鳥海山頂に秋田由利牛を奉納してきました(8月3日矢島口コースを行く)

今回初めてのイベント、「感謝 チャレンジ・鳥海山頂に秋田由利牛を奉納しよう!」を実施する。
目的は、鳥海山の大自然の恵みで育った「秋田由利牛」を、恵みの源である鳥海山頂に奉納し、
感謝の意を表することである。

主催は、鳥海荘に事務局を置く、鳥海山を愛する百度石の会 会長 眞坂廣男
共催は、秋田由利牛をまるごと味わいつくす会 会長 柴田輝男 と
あかつき観光サービス株式会社 代表取締役 眞坂廣男 の2団体
募集定員の50名の参加者を得て、開催されました。

当日は、霧雨模様の天候であったが、参加者全員、登頂し事故無く終えることができました。
また、希望者のみの懇親会が、鳥海荘を会場に開催された。

DSCF0523

 

団結式終了後、参加者全員による
記念写真を撮り
祓川を出発する

 

 

DSCF0526

 

祓川神社前は、まだ雪渓が残っている

 

 

 

DSCF0527

 

6合目賽の川原で休息をとり

残雪を踏みながら歩を進める

 

 

 

DSCF0533

 

7合目御田の上部雪渓を登る頃には

視界がご覧のとおりとなった

 

 

DSCF0557

 

順調に鳥海山七高山頂を経て

外輪から内壁に向かい

鳥海山大物忌神社へ

 

 

DSCF0575

 

 

神社前に登りを上げ

秋田由利牛の奉納を儀式を

盛り上げる

 

IMG_8076

 

神社では、

秋田由利牛をまるごと味わいつくす会

の会長が奉納の準備

 

IMG_8082

 

奉納神事が執り行われる

秋田由利牛の地名度アップと商売繁盛

を祈願する

IMG_8099

神社奉納後

鳥海山七高山頂にも秋田由利牛を

奉納し感謝の気持ちを伝える

そして、記念撮影を行い下山する

 

登山中は、霧雨模様の天候であったため 大変登りやすい登山となった。

脱落者無し、事故無し、「秋田由利牛」奉納イベントは、こうして閉じられた。

参加者の皆様、大変ご苦労様でした。有り難うございます。

 

来年は、第2回目奉納イベントを8月第1土曜日に開催します。

皆様のご参加をお願いします。

鳥海山頂に秋田由利牛を奉納してきました(8月3日矢島口コースを行く)」への1件のフィードバック

  1. うっちゃん

    お世話様です。大崎市から参加したNo.27 ujiieです。登りはメガネを拭きながら、雪渓を登り。下りの急勾配で観た雲海に、眼が洗われました。雪渓は、下りも大変だと言うことも実感しました。皆さんのサポートのおかげです。ありがとうございます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です